看護師の魅力は...

看護師の魅力ってなんだろう...。

豊富な知識?患者さんの信頼?上司からの信頼?

多分どれも間違いじゃないよね。

でも何もかも完璧になろうとすると結局どれも得られなかったりするものなのかもしれないね。

私は看護師になって仕事を進めていくうちにあれもほしいこれもほしい...って欲張りになっていたような気がします。

何が一番大切なのかを見失っていたのかもしれませんね。

患者さんや上司からの信頼を得ることはもちろんとても大切なことだけどそれは結果としてついてくるものなんだよね。

自分が毎日どんな風に仕事と向き合うか...それが結果につながる。

そんな簡単な事を忘れかけていた自分がちょっと恥ずかしい。

これからは初心を忘れずがんばっていけたらいいなって改めて考えています。

看護師としての私の点数

私の看護師としての働きは...自分で点数をつけるとしたら70点ほどでしょうか...。

知識的にはある程度人に負けないくらい頑張っているつもりです。

マイナス30点分については...どうしても患者さんによって態度が変わってしまうってところ。

私は平等...っていうのがどうしても苦手なんですよね。

一度嫌いだと思ってしまうとどうしても顔や態度に出てしまう。

相手が患者さんだったらなおさらそんな自分の気持ちで態度を変えたり出来ないんだけど、どうしても違ってしまうんだよね...。

自分なりに気をつけているつもりではいるんだけど言葉遣い、会話...どうしても人によって変わってしまいます。

でもそろそろ成長しないといけないよね。

いつまでも今のままだとこれ以上成長出来ないままになってしまう...。

消毒液のニオイは看護師さんの香り

高校生のころ、体調を崩して病院に入院した経験のあるワタシ。そのときに知り合った看護師さんはワタシの初恋の相手であり、ワタシが最も尊敬する人です。とても爽やかでキュートなルックスをしていた看護師さん。まるで魔法にかかってしまったかのように、ワタシはその看護師さんに一目惚れをしてしまいました。

芸能人で例えるなら宮崎あおいチャンと蒼井優チャンと永作博美サンをミックスしたようなルックスをしていた看護師さん。当時、彼女はまだ看護師を目指す学校に通う看護学生さんでした。ベテランの看護師さんからみれば、彼女の仕事っぷりなんてまだまだアマチュアだと思われていたに違いありません。しかし、ワタシから見ると彼女こそパーフェクトな看護師さんだったのです。そんな彼女にも悩みはあったのでしょうか。きっとあったに違いありません。看護師という厳しい仕事は悩みの連続です。看護師悩み掲示板の「看護師コミュニティ」とかを読んでても実感します。

看護学校に通う看護師の卵であっても、キラキラした笑顔で優しく患者さんに接してくれる彼女は本当に素晴らしい看護師さんでした。毎朝やってくる彼女の姿にワタシは数え切れない癒しを貰ってきたのです。そこには看護師を目指して頑張る若い彼女ならではの初々しいオーラが満ち溢れていました。まるで春風のようにピュアで美しかった彼女。病院のなかに漂う消毒液のニオイを嗅ぐと、ワタシはついつい彼女のことを思い出してしまい、ハートがキュンとなってしまうようになりました。

あれからもう10年です。ワタシもオッサンになってしまいましたので、たぶん看護学生さんだった彼女は今頃、ご結婚されて素敵な人生をエンジョイしているに違いありません。看護師さんという職業は、どんなに年齢を重ねても、ご結婚されても、出産を経験されても続けられる素晴らしい職業だとワタシは感じています。そんな看護師さんという職業を選んだ彼女と再び会えたならワタシはかなり舞い上がるに違いありません。

薬剤師になって次は・・・

薬剤師になって2年。そろそろ仕事にも慣れてきた。
薬学生でアルバイトをしていた時代からすると人生好調だ。
毎日仕事が忙しいけどそれなりに充実してる。
OLの友達は習い事とか始めたり、それなりの楽しんでるみたい。
薬剤師は勉強することも多いから大変だけどね。
それでも人間関係も悪くないし安心して仕事ができてる。
でも最近そろそろなにかあってもいいんじゃないかなって。
恋愛についてね。わたしは薬剤師になるために頭がいい方じゃなかったから
けっこう勉強が必要でね。
恋愛なんてする暇なかったっていうか友達の話し聞いて楽しんでたくらい。
だから本当に最近頑張ろうなんて思ってるんだけどね。
友達が紹介してくれるっていう話しあるんだ。
同じ学部で薬剤師になった人みたいなんだけどけっこう近くで働いてるんだって。
同じ薬剤師さんだから大変なのもわかるし、いいんじゃないっていわれたんだけどね。
でも忙しかったら逢う暇とかあるのかな・・・。
だからほんとうにどうしていいかわからないまま。
ちょっと返事待ってもらってるんだよね。
そういう風に考えたりするからそうやってなかなか前に進まないんじゃないの?
なんて友達にも言われるんだけどね。
まあ、わたしはこうだから仕方ない。
ちゃんと考えて返事しようかなっておもう。


看護師の非公開求人について

看護師の求人サイトってたくさんありますし、求人数も普通の仕事に比べると明らかに多いですよね。
でも、実はこういったサイトや求人誌に載らない「非公開求人」というものもあるんだそうですよ。
なぜ非公開なのかというと、それはずばり条件がとても良い高待遇だから!老人ホームの看護師案件なんかは特にそうみたいですね。
応募者が殺到してしまうので、非公開にしているのだそう。
それなら、その非公開求人に応募するにはどうしたら良いのでしょう?
せっかく看護師の資格を使って就職活動するなら、待遇が良いところに就職したいものですよね。
非公開求人の紹介を得るには、人材紹介会社に登録する必要があります。
登録者にしか情報が後悔されないので、応募者殺到でパニックになることもないというわけですね。
高待遇の求人には、より優秀な人材を採用するのも事実です。
応募者の中から選りすぐりの人材を選ぶためにも、このような会社経由の採用になるというわけです。
看護師としてのスキルアップや、最適な就職先探しのためには、看護師転職サポートサイトや就職サポートサイトに登録してみてはどうでしょうか。
実際の面接対策や、履歴書の書き方など基礎的なことから指導してもらえるのも、就職に強くなるポイントだと思いますよ。

みんなの憧れになりたい

私はいつの日か絶対にみんなが憧れる看護師になりたい。

そんな風にずっと思っているんだけどなかなか前に進んでいくことが出来ないでいるんだよね。

やっぱりあせりすぎなのかもしれないよね。

あせってしまったら前に進むどころか後退してしまう...。

散歩進んで二歩下がる...なら一歩ずつ進んでいくんだけど私の場合散歩進んだら四歩くらい下がっているような気がします。

なんだか笑っちゃうよね。

少し気を抜いて少しよそ見しながら進んでいくくらいのペースが私には一番いいのかもしれない...。

でもそれってものすごく難しいことなんだよね。

ついつい肩肘張って突き進もうとしてしまう。

順調に進んでいくっていうのはとっても難しいことだよね。

後どれくらいがんばったらいいのかなぁ。

 

看護師の友人がシャンプーを変えたらしい

私の友達に看護師がいます。実はこの友人がシャンプーを変えたということを報告してくれました。シャンプーってお気に入りが見つかればとりあえずはそれをずっと使うではないですか。しかし、友人の看護師は何でも最初に見つけたものを選び、色々と試してみて、最終的に自分に合うものを使うというタイプです。ですので、新しいものが登場したらとりあえずは使ってみたくなってしまうようです。

そんな看護師の友人が、とある有名ブランドのシャンプーを買ったようなのです。そんなものを買ったとしても、すぐに飽きるだろうし買わないのでは?と思ったのですが口に出すことは控えました。何かトラブルがあってもいけないし、相手の機嫌を損ねることはしたくはありませんからね。看護師の友人は、そのシャンプーがいかにすごいものかを教えてくれました。

確かに高そうなブランドのシャンプーでしたね。私の髪には間違っても似合わないものですね。やはり年収が高い職業の人は違うんだなーってその時素直に思いましたね。そういうとちょっと嫌味っぽいかもしれませんが、そんなことは一切思ってはいませんよ?本当にすごいなーっていう気持ちだけです。それも純粋な気持ちですよ。そういえば私もシャンプー切れそうなんだった。

そういえば妹が高校に行かず看護学校に進むそうだ・・・。なんでもまずは准看護師の資格を取るそうだ・・・。妹ながらスゴイ・・・。まだ十代ながら目標がしっかりとしている・・・。
それに比べて私は・・・・。

自分の成長が周囲を変える

看護師として働いている私、何とか頑張って少しでも患者さんに頼りにしてもらえる看護師になりたいって思っているんですよね。

だけどそれはかなり大変なことですぐには現実のものにするのは難しそうです。

すぐにどころか一生かかっても出来ないんじゃないかって思ってしまうこともあるくらい。

どうすれば魅力ある看護師になれるのか、患者さんに頼ってもらえるのか...。

いろいろ考えてみてもその答えはなかなか出てきません。

出てこないというよりも答えっていうものが存在しないんじゃないかって思っているんですよね。

人に頼ってもらおうって考えること自体がもしかしたら間違っているんじゃないのかなって思います。

まずは自分がしっかりと成長していくこと...それが大切なんじゃないかって...。

看護師の転職で有利になる履歴書の書き方

うーん...転職で有利になる、っていうのはさすがにちょっと言い過ぎかしら。...と、今日の記事のタイトルを決めてから悩んでみる私です、こんにちは。

さてさて。看護師転職をする人が増えている近年、背景にはいろいろな理由があるわけですがそのへんはまあ置いておいて。せっかく転職するなら、やっぱりちゃんと成功させたいですよね。どんなに良い条件の転職先を見つけても、失敗してしまったら意味がない...だったら、できる限り成功させられるよう、いろいろと努力していきましょう!

転職活動でつまづくところは人によって違うでしょうが、履歴書を作る段階でいろいろと悩んでしまうって人は多いものです。あと、失敗しやすいのもここだったりするんじゃないかな~と、私は思っていたり。

履歴書を作成するときに気をつけて欲しいのは、やっぱり誤字脱字と...文字を書くのに使うペン、字の丁寧さ...このへんかなあ。
最近はパソコンで履歴書を作成するっていう場合もあるみたいだけれど、これは相手から指定されていない限りやらないほうがいいと、私は思います。基本はやっぱり、手書きです。その人の書き方とか文字とか、そういうのから書類選考を考える企業さんって、多いからね。

あと、やってしまいがちなのが誤字脱字を二重線で消してしまったり、修正液で消したりして訂正するというケース。これ、あまりお勧めできません...。二重線で消して印鑑を押してあっても...できれば、書き直しをして欲しいところ。そういうところで書類選考で落とされてしまう可能性もなきにしもあらず、というところですから、できる限り誤字脱字はないように...もしも間違えてしまったら、面倒でも新しい履歴書でもう一度やり直しをするように心がけてください。

...この変を気をつけつつ、あとは正直な気持ちでプロフィールとかを書いていけばOKだと思う。飾り過ぎないように、ありのままの自分で挑んでくださいね!
あ、まあこの話って新卒すぐの看護師さんにはもしかしたら当てはまらないかもしれないのでコチラの新卒看護師向けのサイトを見て下さいね!

ナースの私の希望

この人ってすてきだな...そんな風に患者さんに思ってもらえる看護師になりたい。

今の私の最大の目標なんですよね。

私が小さい時にかかりつけだった小児科の看護師さんでとっても素敵な人がいたんです。

別に外見がきれいだったとか美人だったとかいうことじゃないんですよね。

ごくごく普通の人だったんだけど子供に対しての扱いが上手だったのかすごく魅力的だったんです。

そういう看護師さんとの出会いが私にこの道を選ばせたんだろうけどね。

そして今、私は夢かなって看護師にはなれた。

だけど私の目指す魅力ある看護師にはまだまだ程遠い。

どうすればいいのかさえもいまいちわからないんですよね...。

あまり深く考えずに少しずつ自分の思うように進んでいけばいいのかなぁ...。