サスペンスなんだ

映画を見終わってから、もう一度あらすじなどを読みたくてレビューなんか見たりしますが、
そこに「あれってサスペンスだったんだ」って思うものがありました。
単なるヒューマンドラマかと思っていたのに。

その1つに「ナイロビの蜂」があります。

あれってサスペンスなんですねー、なんかこう、、、実話に基づく、、みたいな感じも受けますが。
8じっさいのお話ではありません)
でもってサスペンスって、、定義はなんだろう。
サスペンスっていうのは推理小説みたいな感じで、、、あ、、、そうか、そんな感じなのかなー。
うーん、人の感じかたっていろいろで難しいですね。
でもサスペンスなんだそうです。

サスペンスって分かっていたら見なかったかも(笑)。

しかも、当時は気にしていなかった俳優さんだけど、今はちょっと気になる、、、
レイフ・ファインズさんでした。。主役が。
あの人、ちょっとこう、、、口元が変わっているんだよね。
口元で演技する、みたいな。
なのでもう一度あの映画も見て、あの口元演技をじっくりと観察したいと思ったのです。

ところでサスペンスものって好きですか?
私はあんまり・・・です。

このブログ記事について

このページは、まさたかが2019年6月 1日 17:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「歯がない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。