2018年1月アーカイブ

歩き始めに痛い

歩こうとすると股関節が痛い場合は、変形性股関節症が疑われます。

股関節に痛みを起こす病気を持つ人は全国で400〜500万人いると言われているらしいです。

その中の大半の人が変形性股関節症と考えられています。
股関節は他の関節と違い、深い所にあることや筋肉や靭帯に囲まれているためそもそも症状が出にくい場所です。

症状としては、足の付け根の痛みや違和感が多く、その他に、
おしりや太もも、ひざの痛みとして出てくることもあるため、
股関節の病気だと気付かない人が多くいます。

また、左右に揺れて歩くというものサインとなり、
人に言われて気づく人もいます。

他には、あぐらをかきにくくなる、
靴下の着脱が困難になることも症状のひとつなんですって。

心当たりはないですか?

あぐらをかきにくいってことはないけど、かいた後に痛いってことはありますねー。

ひどくなると薬物療法になっていくので、早目の対処が重要ですよー。

このアーカイブについて

このページには、2018年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年12月です。

次のアーカイブは2018年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。