お茶のいいところ

お茶のいいところを友人に聞いていたら、
だいたいの人が「美味しい」からってよりは
その効能ばかりを言っていました。

お茶を使ったパックをエステでしてもらったらニキビが減った、なんてのもありました。
癌にきくらしいよ、とかも。

これは、がんになってしまった人に有効というよりは、ガンにかかりにくくなる、というお話しですね。

このところ、ガンの抑制に緑茶が一番有効であるといった研究発表が、立て続けに出されています。
緑茶に含まれているポリフェノールとカテキンが細胞のガン化を予防して、
あるいは緑茶に多く含まれるビタミン類が発ガン物質の作用を抑制するというものてす。

一例を紹介しますと、静岡県立大学グループは
緑茶のポリフェノール・カテキン類が発ガン物質の働きを場合によっては七、八割抑えることを確認したとか。

米国・ニュージャージー州ラトガーズ大のアラン・コニー博士は
「発ガン物質と日本の緑茶を一緒に飲ませたマウスは、発ガン物質だけのグループに比べ、ガンの発生率が50%以下になる」
という実験結果をまとめました。

こういうのを読むとすごいなー、って思う。
友人同士で「らしいよ」とか、
エステでね、、、とか、、、笑ってしまう(笑)。
とにかく、お茶っていいのだ。
たくさん飲みましょう。

このブログ記事について

このページは、まさたかが2017年8月 1日 04:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パスタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。