腰の痛み

腰が時々痛みます。
同じ姿勢をとっていて、立とうとすると痛いですね。

極端な言い方をしてしまうと、腰が痛いのは腰が悪いのではなく、ほかの部分が悪いから腰が痛くなった、ということみたいです。
これは多くの整体の先生がおっしゃいますねー。

ひざが痛いのをかばって歩いた、足首の捻挫をきちんと治していなかったせいで歩き方にゆがみが生じ、
それが腰痛につながった、こういうケースは驚くほど多いのです。
もちろん、腰そのものを診て「どのように痛みが出ているか」ということは調べてくれますけど、
治療のために大切なのは、「今痛みが現れているところ」ではなく、
「痛みの原因となる悪いところ」を改善していくことなのですよね。
分かってますーー。

よく「骨盤のゆがみ」ともいいますが、ゆがみって簡単には治らない。
一瞬は整体などでよくなっても、結局は姿勢なのです。
この姿勢を正せばいいのですが、長年こうして生きているのでね、
クセというのは治らないものなのだ。

でもこの腰の痛みはつらいので、意識して直すところから始めるしかないのだ。

あー、いたたた・・・。

このブログ記事について

このページは、まさたかが2017年2月 1日 06:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「誰にも負けない看護師の腕!」です。

次のブログ記事は「気が変わりやすい人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。